全国の食品工場 省エネ成功事例を徹底公開!

導入前・導入後

導入前(お客様の声)

古い冷凍倉庫で冷えが非常に悪かったです。倉庫内の設定温度を-55℃にしても、-28℃しか下がらない状況でした。

天井のウレタン表面温度を計ったら42℃もあり、このままでは、庫内の製品品質が著しく落ち、製品として出荷出来なくなる恐れがあるため何かしらの改善が必要でした。

しかし、それほどコストをかけられない……。

 

導入後(お客様の声)

静止空気層を設ける工法により安価で効果が高い施工を実施することにしました。

施工後、天井のウレタン表面温度は10.5℃まで下がり、倉庫内温度も-40℃まで下げることが出来ました。

天井だけの施工で-40℃まで下げることが出来たので、壁面の遮熱も行えば、-55℃まで可能だと考えています。

そもそも遮熱って何?夏は涼しく!冬は暖かく!

 

高性能遮熱シート

 

遮熱とは、熱を遮ることで、外側からの輻射熱は外側に、内側からの輻射熱は内側に反射させて熱の移動を無くすことです。

建物の周囲を遮熱シートで囲むと、屋外からの熱は屋外に反射させ、室内の熱は室内に反射させることになります。

高性能遮熱シートは、宇宙産業から生まれたシートです。

99%の高純度アルミニウムを使用しており、建物内を移動する熱の大半を占める「輻射熱」のなんと98%を反射し、その性能は世界一と評価されています。

 

詳細版は「省エネ成功事例メールマガジン」で
お届けしております。

※9月号の成功事例詳細は、
8月31日(月)のメールマガジンで配信予定です。

省エネ成功事例メールマガジン

イートスでは補助金申請のお手伝いもさせて頂いております。
【過去実績】
経済産業省関連の補助金
97件申請 93件採択(採択率95.9%)

お気軽にご相談ください。

省エネ成功事例メールマガジン