全国の食品工場 省エネ成功事例を徹底公開!

水銀灯を無電極ランプに変更。
電気代75%削減!明るさも格段にアップ!

before

水銀灯を長年使っていましたが、瞬時点灯が出来ず十分な明るさになるまで10分以上はかかり作業効率が下がっておりました。電気代を削減する目的もあり、高効率の照明に変更することとなりましたが、色の広がりや寿命を考慮して最終的に選んだのは無電極ランプでした。

after

after

やはり無電極ランプにして良かったと実感しております。もちろん瞬時点灯は当たり前ですが、格段に明るくなり、しかも全体的な明るさを保持できることに満足しています。これで電気代75%削減して、寿命もLEDの2倍(10万時間)なので文句なしですね。

食品工場様がLEDではなく無電極ランプを導入する理由とは?

after

食品工場様がLEDではなく無電極ランプを選ぶ理由は、「作業する際に食品の色合いがはっきりわかる」というものが圧倒的に多くなっております。「色合いがはっきりわかる」のは当たり前と思われるかもしれませんが、LEDの場合「まぶしさ」が強いため物が見えづらくなる傾向があります。また、上記の図の通り、無電極ランプは全方向の明るさに強いため、部分的な暗さを避けることができます。

 

詳細版は「省エネ成功事例メールマガジン」で
お届けしております。

※2月号のメールマガジンは、2月3日に配信済です。省エネ成功事例メールマガジン

イートスでは補助金申請のお手伝いもさせて頂いております。
【過去実績】
経済産業省関連の補助金
97件申請 93件採択(採択率95.9%)

お気軽にご相談ください。

省エネ成功事例メールマガジン