全国の食品工場 省エネ成功事例を徹底公開!

2つのポイント
  • 電力デマンドの制御により、年間のピーク電力をカットし、自動的に基本料金を削減します。
  • 空調機などの室外機(圧縮機)や電力ブレーカーを間欠運転することにより、自動的に電力使用料金を削減します。

お客様の声

食品第二工場ではお豆腐の製造を行っており、その工程で大量の水を使用するため、工場内の排水処理施設では善玉菌に空気を送るブロワを常時稼働しています。そのため電気代やブロワ本体の故障等による費用が大きな負担となっており、解決策を模索していたところ、アグリゲータからBEMSの提案を受け、実現可能と判断し導入を決めました。

工場全体の消費電力量は約25%削減見込みであり、中でもブロワの消費電力量を50%削減できた点は大きかったと思います。削減効果もさることながら、工場ならではの「水質基準」に関しても問題なく基準を満たしており、環境に優しく省エネにも繋がるという点を高く評価しています。

導入効果

イートスでは補助金申請のお手伝いもさせて頂いております。
【過去実績】
経済産業省関連の補助金
97件申請 93件採択(採択率95.9%)

お気軽にご相談ください。

省エネ成功事例メールマガジン